湘南鎌倉助産院・産後ケアセンター バースホーム湘南鎌倉を視察。

令和6年(2024)7月5日

鎌倉市議会教育福祉常任委員会の視察として、伺いました。

 

 

2016年に開設された『湘南鎌倉バースクリニック』は、産後ケアの部分を残して、今年、令和6年、2024年4月に『湘南鎌倉助産院・産後ケアセンター バースホーム湘南鎌倉』として生まれ変わりました。

この施設の一階の広い部屋を活用して、毎週木曜日に「育児サロン」を開かれており、子育て中の父親、母親達が生後1か月から1歳未満の赤ちゃんとともに集まり、お母さん同士の情報交換や交流を深める場となっているということです。助産師も同席することもあり、育児相談も同時に行うことができるということで、一つの子育て支援の役割を果たしています。

お母さんと赤ちゃんだけでなく、家族で宿泊することができる部屋など全室個室で配置され、またお母さん同士が交流できるランチ会を開くことができるランチルームや沐浴室などもあり、生後5か月未満の赤ちゃんと家族に優しく寄り添う産後ケア施設と感じました。

鎌倉市以外、藤沢・逗子・葉山町・茅ケ崎市・寒川町など6市町と提携しているということですが、近年産後ケアは需要が高まる一方ですので、今後もこの施設が益々拡充されていくことを期待します。

子育て応援の心強い施設が鎌倉市内に開設されたことに、心から感謝しています。

~ 視察報告書より